<展示会レポート>日本唯一!国内外の化粧品を一堂に集めた専門展 COSME TOKYO 2014 日時:2014年10月20日(火)~10月22日(木)

各国の化粧品を揃えた「COSME TOKYO」

世界37カ国500ブランド以上のコスメが出展!

化粧品をテーマに日本のみならず世界各国から化粧品メーカーを集めて行われたCOSME TOKYO2014は10月20日から22日の3日間にわたって開催されました。リードエグジビションジャパン社が開催し、まだ三回目にも関わらず世界37カ国から542社も集まり化粧品業界で大きな注目を浴びています。当展のメリットは徹底的にBtoBにこだわっている点。商談成功例も多く海外バイヤーも多数来場する為、海外進出の第一歩として出展している企業も多数見受けられました。

COSME TOKYO2014では化粧品・健康製品・ボディケア商品などの消費者向けの製品を取り扱う化粧品展と、化粧品原料・容器/パッケージ・OEM・研究機器などの研究開発向けの製品を揃えた化粧品開発展を併催。来場者に加えて出展社同士の商談も増え、大きなシナジー効果を創り出しています。

COSME TOKYO2014の会場COSME TOKYO2014の様子

メーカー最大手による基調講演と特別講演

セミナー

展示会中はセミナーも多く資生堂、エスティローダーといった業界最大手のリーディングカンパニーによる基調講演が開催。

また、製品開発やトレンド、更にはウェブ活用等といった様々な切り口での特別講演、専門セミナーもそれぞれ実施していました。セミナー受講者は3,000人以上。これもあえて一般消費者の入場を断り、国内外の百貨店・小売店・通販業といった流通業者、バイヤーのみに来場者を絞った業界関係者向けの内容であるからこそ実現した公演といえるでしょう。

各国のバイヤーが集結するグローバルな展示会

前回の出展国数は15カ国でしたが今回はその2倍強の37カ国が参加しました。

出展国一覧
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • イスラエル
  • イタリア
  • インド
  • インドネシア
  • オーストラリア
  • オランダ
  • 韓国
  • ギリシャ
  • シンガポール
  • スイス
  • スウェーデン
  • スペイン
  • スロベニア
  • タイ
  • 台湾
  • タンザニア
  • チェコ共和国
  • 中国
  • チュニジア
  • ドイツ
  • トルコ
  • 日本
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • フランス
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • 香港
  • マレーシア
  • モロッコ
  • ヨルダン
  • ルーマニア

更にパビリオンとしてオーストラリア、インドネシア、韓国、タイ、アメリカの5カ国が参加。

出展社インタビュー

保湿効果の秘訣は土!?クレンジング石鹸– 株式会社SELLAジャパン –

プレミアムクレンジング石鹸
SELLAジャパンの担当者

韓国に本社を構えるSELLA社がそれまで卸していた製品をまとめ、2013年10月に新たに立ち上げたのが日本法人SELLAジャパンです。

主力製品は天然界面活性剤配合のプレミアムクレンジング石鹸。ヒマラヤ、マダガスカルといった地球上で最も汚染の少ない地域の土をナノサイズまで砕き石鹸に配合。この土が毛穴の奥の汚れに吸着し、洗い流した時に一緒に流れます。洗った後に顔がつっぱらないのは、汚れを綺麗に落としつつ肌の栄養を保つため。肌に必要な油分までも落としてしまう合成界面活性剤入りのクレンジング剤も多い中、業界に一石を投じる事でしょう。更に、浴室に置いていても崩れずに通常の石鹸よりも長期にわたって使う事ができ、実用性にも優れていると言えます。

「石鹸でクレンジングが出来る事を伝えたい」代表取締役の金さんは、製品の品質に確かな自信を込めて語っていました。

美容・医療知識を活かした自然派製品開発– 株式会社アブソルート –

ヴァージンココナッツオイルベースの化粧品
アブソルートの担当者

アブソルート社は美容・医療機器と化粧品を取り扱う販売商社でクリニックや病院相手に取引。

その中で得たノウハウを活かし一般消費者向けにヴァージンココナッツオイルベースの化粧品を開発しました。 食品から人気に火がついたこのオイルは調味料として使うだけでなくボディケア、ヘアケア等の美容面でも効果を発揮し、有名女優も御用達!アブソルート社は低アレルギー化粧品にこだわり、アレルギーになりやすいとされる76種類の成分を全て排除してヴァージンココナッツオイルを用いた製品開発に取り組みました。

「赤ちゃんが万が一口の中に入れてしまっても大丈夫!」代表が語るこの開発システムは「VH76」と名付けられ特許も取得済。製品化され販売出来る様になってからまだ二ヶ月。近い将来、社を支える一つの大きな柱になることは間違いないでしょう。

アルガンオイルを日本向けにローカライズ– 日本モロッカン株式会社 –

ラーラサラプリンセストリートメント
日本モロッカン株式会社の担当者

モロッコに自生するアルガンという実から採れる希少性の高い油をアルガンオイルと呼びます。そんなアルガンオイルを使った製品を日本人向けに展開する日本モロッカン社。1年前に日本の総合代理店で取り扱われていたイスラエル発のロイヤルモロッカンというヘアトリートメント製品を、当社が成分・ボトルデザインを一新。その中でもラーラサラプリンセストリートメントという製品が今回の主力製品です。夫多妻制であるモロッコの王子に唯一愛されたサーラ・サルマ王妃と、髪の毛がサラサラになる、を掛けあわせて代表自ら命名。

「ブランドイメージを大切にして育てていきたいです。」冨士田代表がそう話すこのブランドは2014年9月に出来たばかりで販路拡大はこれから。Amazon、ヘアサロン、バラエティショップ、百貨店など一般消費者に向けて打ち出しつつもクオリティとブランドイメージを保つため、常に最善の選択をしていくとの意気込みで語っていました。

北海道産のオーガニック製品へのこだわり– 株式会社シー・ビー・エス –

シー・ビー・エスのオーガニック製品
シー・ビー・エスの担当者

札幌に自社を構えるシー・ビー・エス社。代表が元エステティシャンでかつてはエステサロンや美容専門学校の授業で使う業務用の化粧品を17年もの間、製造・販売している企業でした。今から約2年前に一般消費者向けの事業部を設立。北海道土産の石鹸からスタートし現在ではオーガボーテ、イナース、コスメドゥといったブランドを展開し高級嗜好からギフト向けまで幅広い商品を展開し始めました。オーガニックに徹底的にこだわっていて原材料は全て国内産で統一。日本にはオーガニック製品の基準が無い為、「北海道オーガニック基準」をなんと自社で策定!さらには香港のナチュラル&オーガニックアジアアワーという展示会のママ&ベイビー部門で最優秀賞を受賞する。

「日本人向けのオーガニック製品を作りたかったので基準から考えました。」そう担当者のいう通り当展でも、日本独自のものとして海外バイヤーからの反響が特に大きかったそうです。

自社技術の結晶VOGAプロジェクト発足– 浅野撚糸株式会社 –

VOGAのタオル
浅野撚糸の担当者

メーカー向けに撚糸を製造販売していた同社は2003年頃から独自の糸の開発に勤しみ7年近い時を経て、VOGAプロジェクトを発足。スーパーゼロ425という特許技術を用いた糸を使い生み出されたのは、究極のタオル!今回のCOSME TOKYOがプレデビュー戦となった当プロジェクトには様々な関係者からの協力と支援を受け実現しました。

「この世で必要とされ命をかけたものには必ず命の神が降りる」そう代表が熱く語るこの製品は、日本の技術・センス・芸術・文化全てを込めたものであり、日本を代表するようなタオルブランドを目指すとのこと。空港、免税店等にも置き、海外の人にも触れてもらいながらamazonの高級部門でも販売を予定しています。美容向けのタオルという斬新なアイディアと絶え間ない情熱で世界に進出する日もそう遠くはないでしょう。